葉酸を摂取して貧血や病気に強い体をつくろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんが生まれる合図

2人の妊婦

妊娠から36週を過ぎたことで臨月にさしかかります。そのタイミングでお腹が以前よりも下がり、赤ちゃんもお産に向けて準備を始めます。臨月になったら出産も間近なので、依頼する産婦人科を決めて準備をしておきましょう。

More Detail

妊婦に欠かせない栄養素

サプリを持つ女性

緑黄色野菜などには、様々な健康になるための成分が含まれています。多くの栄養素の中でも、葉酸というビタミンは血液をつくる効果があり、動脈硬化の予防や免疫力を上げて菌に強い体づくりもできます。妊娠中の方は特にこの葉酸が必要であり、通常よりも多めに摂取することが大切になります。妊娠中に摂取することで先天性神経管閉塞症を防ぐことができたり、血液をつくる働きによって貧血を防いだりすることができます。
妊婦さんに必要と言われている葉酸は種類に気をつけて摂取する必要があります。葉酸は天然由来性のものと化学合成のものがあるのです。天然由来性において危険性はありませんが、化学合成のものは赤ちゃんが喘息になってしまうということもあるようなので、注意が必要です。葉酸の種類に加えて注意しておくべき点がもう1つあり、それは無添加かどうかです。お母さんの体内にいる赤ちゃんにはまだまだ体がしっかりとつくられているわけではないので、添加物などを処理することができません。最近になって、様々な食料の成分による問題が発見されてきているので、万が一のことも考えてできるだけ無添加の葉酸を摂取するようにしましょう。

葉酸を摂取する方法としてサプリメントがあります。葉酸は産婦人科にて処方してもらうことができますが、医師の判断によっては出してもらえないこともあるようなので、その場合は別の産婦人科を探さなければなりません。処方される葉酸は産婦人科の場合なら医薬品かサプリメントのどちらかが手渡されます。葉酸サプリの場合には保険適用外になることもあり、費用が高くなる可能性があります。そのため、継続的に摂取するためにはある程度の費用が必要になることを覚えておきましょう。

射精しても妊娠しない原因

頭を抱える男性

男性の精子の病気で無精子症というものがあります。これは精液の中に含まれる精子の数が全くないというもので射精自体はできるので中々気づきにくいものです。ちょっとでも不安に思うことがあればクリニックで相談してみましょう。

More Detail

ホルモンバランスを整える

メディシン

性行為を何度重ねても妊娠しないという場合は女性のホルモンバランスの崩れにより、しっかりとした卵子が排卵されていない可能性があります。そういった場合は妊活マカを飲むことでホルモンバランスが調整され、妊娠がしやすくなります。

More Detail